>

セルフオーラルケアについて述べたオーラルケア情報サイト

ホームケアとオフィスケア

ホームオーラルケア

口腔を清潔化すると共に、口腔機能の維持を図るオーラルケアですが、オーラルケアの方法は二通りあり、セルフケアとして行うオーラルケアは、ホームケアに類されるものです。

主なホームオーラルケアとして、歯ブラシに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを用いた、歯と歯茎のケア、やわらかいブラシの歯ブラシか舌専用のブラシによる舌のケア、洗口液や液体歯磨きを使用しての口臭ケアなどが挙げられるでしょう。

基本的にホームオーラルケアは、口腔のセルフケアの範囲内に収まるケア全般を指し、歯科医師からの指導を要するケアである、歯のセルフホワイトニングのような、例外を除けば、自宅で自分だけでもできる、オーラルケアとなっています。

オフィスオーラルケア

口腔の清潔化と口腔機能の維持を目的に、セルフケアとして行うオーラルケアが、ホームケアとされるのに対し、歯医者で歯科医師や歯科衛生士から受ける、歯科的なオーラルケアは、オフィスケアとされています。

オフィスオーラルケアとしては、歯と歯茎の診察を受け、歯と歯茎の健康状態を確認する、歯の定期検診、普段のオーラルケアで取り除くことが難しい、歯垢や歯石の除去、歯と歯茎だけでなく、口腔機能全体にプラス効果が見込める、歯列矯正といったものが代表的でしょうか。

加えて、歯の表面に付着ないし沈着した汚れを取り除くことで、歯を本来の色に戻す、歯や歯茎に過度な負担をかけないタイプのホワイトニングも、歯医者で受けられるオーラルケアです。



ページ
Topへ