歯医者だけではダメ?自分で出来るオーラルケア

セルフオーラルケアについて述べたオーラルケア情報サイト

歯医者を頼るだけでも自分でケアするだけでもケアは不十分

オーラルケアは、口腔を清潔に保つことに加え、口腔機能を維持することを目的とした口腔ケアであり、デンタルケアと混同されがちですが、口腔を清潔に保つという点において、類似性が見られるものの、デンタルケアの場合、歯と歯茎以外の口腔機能の維持は目的としていません。

ホームケアとオフィスケア

主に、セルフケアとして自宅で行う、歯磨きやうがいといった、基本中の基本となるオーラルケアは、ホームケアとケアであり、歯医者で、歯科医師や歯科衛生士から受ける、歯科検診や予防歯科など、歯科的なアプローチからのオーラルケアが、オフィスケアです。

オーラルケアとデンタルケア

一般への予防歯科の定着が遅れた結果として、日本の30代以上の年齢層は、口腔全体の健康を維持促進する、オーラルケアはおろか、歯を健全に保つデンタルケアすら、軽視する傾向にあり、虫歯や歯周病に代表される、口腔内の病疾患は予防するよりも、発症後に歯医者で、歯科医師に治療してもらうという考え方が、根強く残ったままです。

確かに、歯医者で歯科医の治療を受ければ、余程悪化していない限り、虫歯や歯周病、虫歯の再発は、問題なく解決することも少なくありませんが、歯科治療に際し、歯と歯茎が負担を負うことには変わりなく、歯と歯茎の寿命を削ることにもなりかねません。

よって、歯科治療を受けざるを得ないような、口腔環境自体が望ましいとは言えず、最低でも、デンタルケアによる歯と歯茎のケア、可能であれば、オーラルケアによる口腔全体のケアが望ましいわけですが、毎日のデンタルケアや、オーラルケアを全て歯医者に頼って行うのは、現実的ではないでしょう。

そのため、歯磨きやうがい、舌の軽いブラッシング、洗口液や液体歯磨きによる、ドライマウスケアなど、自分の口腔の状態に応じた、適切なデンタルケアや、オーラルケアを自分で行う必要があります。

ただし、これはデンタルケアや、オーラルケアをセルフケアだけで済ませて良い、という意味ではなく、定期的に歯医者に通って、歯科医師や歯科衛生士から、歯科検診や予防歯科を受けることにより、セルフケアではケアしきれない部分をフォローしてください。

器質的オーラルケアと機能的オーラルケア

オーラルケアにおいては、口腔を清潔に保ち、口腔機能を維持することを目的としたケアが行われ、口腔を清潔に保つオーラルケアが、器質的口腔ケアと類されるのに対し、口腔機能を維持促進することを目的としたオーラルケアの場合、機能的口腔ケアに類されます。


ページ
Topへ